CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
BOOK

菊池京子のTOKYO BASIC
SHOPPING

alternative 裏起毛カットソー



秋色ボーダー



millefiori ボディミスト



マッドパイ トートバッグ



マッドパイ タンブラー



オララ レクタングル



ドリテック キッチンスケール



せいろ



vintage collection glass



ザリーン ランチョンマット



soil 乾燥剤



折り返し付きゴム手袋


MOBILE
qrcode
Search this site


簡単、手抜きというよりはズル。
そう私はずるい女。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
アボカドと塩昆布を胡麻和えに
アボカドは毎日食べたいくらい好きですが
しばらく安くなかったので食べていませんでした。
久しぶりに安くなっていたのでまだ青いのと、
すぐに食べられるのと、ゴソゴソまとめ買いしました。
嬉しいな♪

久しぶりのアボカドは一番好きな食べ方で頂きました。





indredients

・ アボカド 1個
・ 塩昆布 大さじ2
・ すりごま 大さじ2
・ いりごま 大さじ2


method

アボカドは種の周りをぐるっと縦半分に切って種を除く。
1〜2cm間隔の格子状に包丁を入れたらスプーンで中身をくり抜く。
ボウルですべてを和えて塩昆布がなじんだら頂きます。


アボカドと胡麻、ダブルの美容健康効果を期待しまくった和え物です。
今日はうっかりいりごまを切らしていたのですりごまだけ。

ミスユニバース候補生(だったかな?)の食事を指導されている
エリカアンギャルさんもアボカドは毎日食べてほしいほど
美容にいい食品だと言っていました。
確か毎日だったような気がするけど、どうだったかしら。
世界一受けたい授業という番組で拝見したこと意外は朧げな記憶で
もやもや〜っと霧の中。。。
アボカドは美容にいいから頻繁に食べてね!みたいなお話だった気がします。

こんな夜更かししながら美容も何もないじゃないって思いますが(笑)



posted by quicook | 00:52 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
オクラとお豆腐のふわふわチヂミ
cookpadでいつだったか、話題のレシピにピックアップされていて
気になっていたfood townさんのレシピです。

粉を使わないのでとってもヘルシー、
なのにしっかりお腹いっぱいになるボリューム感。
ふわっとろ〜の優しい口溶け。
レパートリー入り決定の素晴らしいレシピです。
基本のレシピがシンプルなのでいろんなアレンジができそうです。

ちょっぴり私流にアレンジしたので覚え書きレシピ、
というかアレンジ一例といいますか。。。





indredients

☆ 卵 1
☆ 絹ごし豆腐 150g
☆ 粉末中華出汁 小さじ1
☆ 粉末昆布茶 小さじ1
・ オクラ 5本
・ 人参 1/3本


method

豆腐はレンジ2〜3分でしっかり水切りしておく。
オクラは塩を振って板ずりの下処理をしておく。

☆を泡立て器でふんわり混ぜたところへ
荒みじんにしたオクラ、千切りにした人参をよく混ぜる。

ごま油をひいたフライパンに薄く生地をのばし
弱火で蓋をして4分、返して蓋をしないで2分焼く。



白ごまを散らしていただきました。


市販のチヂミの素には出汁が入っているので中華出汁と昆布茶を
入れてみました。
人参の赤色を見て思ったのですが、紅ショウガと和風出汁にすると
ふわとろお好み焼きになりそうです。

food townさんのレシピにも書いてありますが
とっても緩いふるふるな生地なので、
具沢山にしすぎると固まらないかもしれません。

オクラが安い今のうちにまた作りたくてオクラを買い足しました(笑)



posted by quicook | 22:18 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
厚揚げと野菜のめんつゆ煮
お豆腐好きとして絶対に外せない厚揚げ。
そのときにある野菜とめんつゆで炊くだけですが
よく作ります。





indredients

・ 厚揚げ 1丁
・ 人参 1本
・ おくら 5本
☆ めんつゆ カップ1/2
☆ 酢 カップ1/4
☆ 水 カップ1/4
☆ 生姜すりおろし 大さじ1


method

厚揚げ、人参は大きさを揃えて切る。
おくらは下処理をしておく。
厚揚げと人参を☆で10分煮る。
おくらを加えてさらに5分煮る。





おくらは味が染みておいしいので一緒にいれちゃいますが
こうするとフォトジェニックではないんですよね。
切るとねばねばが気になるので丸のまま。

茄子だったり大根だったりごぼうだったり。
そのときにある野菜+厚揚げ+めんつゆで作ります。
茄子は皮ごと入れると美味しいけど、あの紫の色素が
厚揚げに移って美味しくなさそうな色になっちゃうのが悩みです。
別のお鍋で炊くのは面倒だし、何かいい方法はないのかしら。。。

めんつゆはいつもヤマサの昆布つゆです。
冬になるとなぜか白出汁にしたくなるから不思議。
ほっこりあっさりなお出汁が冬は体に染みるのかもしれません。



ジューシー


出来立てほやほやでお鍋のふたを開けると
厚揚げがぷーっと膨らんでいてかわいい♥



posted by quicook | 20:58 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
オーブンフレンチトースト
ばたばたしたり外食が続いたりで久しぶりのお料理になりました。

土日のブランチどちらかは必ず作るほど愛してやまないフレンチトースト。
子供の頃も滅多に登場しないフレンチトーストが朝食だと
今日は何か特別いいことが起こるに違いない!なんて思っていました(笑)



絵面がパングラタンと同じ(汗)


いつものフレンチトーストはシンプルに、
寝る前に卵液にバゲットを浸して翌日マーガリンでカリっと焼いて
コーンシロップをとっぷりかけていただきます。

そんなフレンチトースト中毒の私がOh Joy!さんで拝見した
oven roasted french toast souffle
なんて美味しそう!
週末ブランチに採用即決でした。

フレンチトーストをスフレにするなんてどうしたらいいのか
全く思いつかなかったので、いつものフレンチトーストの焼きを
フライパンではなくオーブンにしてみました。
似ても似つかないものが出来上がりましたが、以下覚え書きです。


ingredients

☆ 卵
☆ 牛乳 卵の倍量くらい
・ バゲット
・ マーガリン(バター)
・ コーンシロップやメイプルシロップ


method

☆で卵液を作り、一口大にカットしたバゲットを浸して一晩おく。
耐熱皿にバゲットを詰め、バゲットの間にマーガリンをおとし
オーブンで、180度で10分、200度で3分、焼く。
シロップをたっぷりかけて頂く。



コーンシロップを切らしていたのでメイプルシロップで。


consideration

表面はカリッと、中はじゅわ〜っとスフレ状になりました。

オリジナルのように粉糖をふって緩くホイップした生クリームを添えるのも美味しそう。
私は生クリームが苦手なのでシロップにしました。

ブログで見たように焦げ目をつけたくて温度を変えて二度焼きしたのですが
温度が足りなかったようで焦げ目はつきませんでした。
オーブンじゃなくてトーストコースにすればよかったのかな。

小さめの耐熱皿にぎゅぎゅっと詰めると表面と中のコントラストがもっと
しっかり出てよりスフレ状になるのかな。
食パンで作ったらもっとスフレっぽいかも。
これは再考してまた作ってみよう。

フライパンで焼くよりも油の量が少ないし洗い物も減るし
焼いている間に他のことができるし、
オーブンフレンチトーストにはまりそうです。


posted by quicook | 14:02 | フレンチトースト | comments(0) | trackbacks(0) |
フライドひよこ豆
以前ゆりり亭さんで拝見したお料理です。





ちょうどこのレシピを見た日にひよこ豆が食べたい気分だったので
なんてタイムリー!と、その日のおつまみに作りました。
それからお気に入りになって、ちょくちょく作っています。

それでもうちにはカレー粉がないし、辛いものは苦手だし、
どうしたもんかなあ・・・と。
ハーブの香りをオイルにうつしてアヒージョぽくしてしまうのもいいかも〜
なんて思ったのですがうちにあるハーブはたかがしれているので(笑)
便利なマコーミックのトッピング(イタリアンスタイル)で
和えてしまいました。

レシピを参考にさせていただいたなんて失礼でしょうか・・・。
オリジナルの面影は素揚げというところだけになってしまいましたが
ひよこ豆を素揚げするという発想が私にはなかったので
とても新鮮でした。





少量のグレープシードオイルで素揚げして
火を止めたら余分な油をペーパーで拭き取ります。
鍋にマコーミックのトッピングとハーブソルトを入れて和えます。

今日はこのフライドひよこ豆と三和豆水庵の枝豆ジョニーで冷や奴。
そしてビール。
豆豆しいにもほどがありますがお豆が大好きです。

枝豆ジョニーは名前の通り枝豆の香りがしっかりしたお豆腐なので
このお豆腐を冷や奴にするときはお醤油ではなく
オイスターソースとナンプラーを同量ずつ混ぜたアジアンソースか、
シンプルに美味しいお塩でいただきます。
今日はアジアンソースで。

ねっちり濃厚。だけど濃厚すぎない。
水切り不要のぎゅっとつまったお豆腐です。
まだ暑いうちにもう何回か食べておかないと。



posted by quicook | 23:25 | おまめ | comments(0) | trackbacks(0) |