CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
BOOK

菊池京子のTOKYO BASIC
SHOPPING

alternative 裏起毛カットソー



秋色ボーダー



millefiori ボディミスト



マッドパイ トートバッグ



マッドパイ タンブラー



オララ レクタングル



ドリテック キッチンスケール



せいろ



vintage collection glass



ザリーン ランチョンマット



soil 乾燥剤



折り返し付きゴム手袋


MOBILE
qrcode
Search this site


簡単、手抜きというよりはズル。
そう私はずるい女。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
茄子のグリル
季節の変わり目の風邪をひいてしまいました。
肌寒くなったり暑かったりで体温調節がうまくできないくせに
まだ夏の服を楽しみたいの、なんて、ノースリーブで出歩いたから。

またここ数日暑さが戻ってきたのでコンロを使わずに
切るだけであとはオーブンにお任せの楽チン料理にしました。



薄切り苦手・・・破けたり太かったりまちまち(恥)


indredients

・ 茄子 1本
・ グレープシードオイル 大さじ1
・ ローズマリーの葉 大さじ1
・ ハーブソルト
・ 胡椒


method

茄子は縦に薄切りにし、両面に分量外の塩をふる。
茄子から水分が出たらペーパーで拭き取る。

クッキングシートを敷いた上に茄子を並べて
オイル、ローズマリーの葉、ハーブソルトをふって
200度のオーブンで15分焼く。
焼き上がりに胡椒を挽く。



強い色のお野菜で風邪をやっつけようというメニュー


本当は半日ほど茄子を干しておきたかったのですが
うっかり忘れていました。
干茄子で作れば焼き時間は10分くらいで十分なのかな?
うちのオーブンは小さいので大きめの茄子1本しか
広げられません。

美味しくてあっという間に食べてしまうので
茄子3本くらいで作りたいところなんですが。。。



posted by quicook | 19:56 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
人参とフェタチーズのサラダ
千切り、ツマ切り、スライス、おろし
4つの機能をカセット式で入れ替えられるという画期的なキッチングッズを
買ったので、早速使いたくなりこんなお料理です。
ツマ切り機能を使ってみました。

私の中で人参の細切りと言えばキャロットラペですが
半額になっていたフェタチーズの賞味期限がそろそろなので
一緒にしてみました。





indredients


・ 人参
☆ フェタチーズ 適宜
☆ 塩 適宜
☆ 胡椒 適宜
☆ バルサミコ酢 大さじ1
☆ グレープシードオイル 大さじ1


method

人参をツマ切りにする。
味を見ながら☆で和える。
盛りつけた後、胡椒を挽く。



バルサミコ酢をたくさん入れると色が悪くなるので
大さじ1しか入れませんでしたが
酸味が好きな私には物足りなかったので
残り物にはレモン汁を追加しました。
フェタチーズと胡椒の香りがいい感じのサラダになりました。



posted by quicook | 14:35 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
アボカドと塩昆布を胡麻和えに
アボカドは毎日食べたいくらい好きですが
しばらく安くなかったので食べていませんでした。
久しぶりに安くなっていたのでまだ青いのと、
すぐに食べられるのと、ゴソゴソまとめ買いしました。
嬉しいな♪

久しぶりのアボカドは一番好きな食べ方で頂きました。





indredients

・ アボカド 1個
・ 塩昆布 大さじ2
・ すりごま 大さじ2
・ いりごま 大さじ2


method

アボカドは種の周りをぐるっと縦半分に切って種を除く。
1〜2cm間隔の格子状に包丁を入れたらスプーンで中身をくり抜く。
ボウルですべてを和えて塩昆布がなじんだら頂きます。


アボカドと胡麻、ダブルの美容健康効果を期待しまくった和え物です。
今日はうっかりいりごまを切らしていたのですりごまだけ。

ミスユニバース候補生(だったかな?)の食事を指導されている
エリカアンギャルさんもアボカドは毎日食べてほしいほど
美容にいい食品だと言っていました。
確か毎日だったような気がするけど、どうだったかしら。
世界一受けたい授業という番組で拝見したこと意外は朧げな記憶で
もやもや〜っと霧の中。。。
アボカドは美容にいいから頻繁に食べてね!みたいなお話だった気がします。

こんな夜更かししながら美容も何もないじゃないって思いますが(笑)



posted by quicook | 00:52 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
オクラとお豆腐のふわふわチヂミ
cookpadでいつだったか、話題のレシピにピックアップされていて
気になっていたfood townさんのレシピです。

粉を使わないのでとってもヘルシー、
なのにしっかりお腹いっぱいになるボリューム感。
ふわっとろ〜の優しい口溶け。
レパートリー入り決定の素晴らしいレシピです。
基本のレシピがシンプルなのでいろんなアレンジができそうです。

ちょっぴり私流にアレンジしたので覚え書きレシピ、
というかアレンジ一例といいますか。。。





indredients

☆ 卵 1
☆ 絹ごし豆腐 150g
☆ 粉末中華出汁 小さじ1
☆ 粉末昆布茶 小さじ1
・ オクラ 5本
・ 人参 1/3本


method

豆腐はレンジ2〜3分でしっかり水切りしておく。
オクラは塩を振って板ずりの下処理をしておく。

☆を泡立て器でふんわり混ぜたところへ
荒みじんにしたオクラ、千切りにした人参をよく混ぜる。

ごま油をひいたフライパンに薄く生地をのばし
弱火で蓋をして4分、返して蓋をしないで2分焼く。



白ごまを散らしていただきました。


市販のチヂミの素には出汁が入っているので中華出汁と昆布茶を
入れてみました。
人参の赤色を見て思ったのですが、紅ショウガと和風出汁にすると
ふわとろお好み焼きになりそうです。

food townさんのレシピにも書いてありますが
とっても緩いふるふるな生地なので、
具沢山にしすぎると固まらないかもしれません。

オクラが安い今のうちにまた作りたくてオクラを買い足しました(笑)



posted by quicook | 22:18 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
厚揚げと野菜のめんつゆ煮
お豆腐好きとして絶対に外せない厚揚げ。
そのときにある野菜とめんつゆで炊くだけですが
よく作ります。





indredients

・ 厚揚げ 1丁
・ 人参 1本
・ おくら 5本
☆ めんつゆ カップ1/2
☆ 酢 カップ1/4
☆ 水 カップ1/4
☆ 生姜すりおろし 大さじ1


method

厚揚げ、人参は大きさを揃えて切る。
おくらは下処理をしておく。
厚揚げと人参を☆で10分煮る。
おくらを加えてさらに5分煮る。





おくらは味が染みておいしいので一緒にいれちゃいますが
こうするとフォトジェニックではないんですよね。
切るとねばねばが気になるので丸のまま。

茄子だったり大根だったりごぼうだったり。
そのときにある野菜+厚揚げ+めんつゆで作ります。
茄子は皮ごと入れると美味しいけど、あの紫の色素が
厚揚げに移って美味しくなさそうな色になっちゃうのが悩みです。
別のお鍋で炊くのは面倒だし、何かいい方法はないのかしら。。。

めんつゆはいつもヤマサの昆布つゆです。
冬になるとなぜか白出汁にしたくなるから不思議。
ほっこりあっさりなお出汁が冬は体に染みるのかもしれません。



ジューシー


出来立てほやほやでお鍋のふたを開けると
厚揚げがぷーっと膨らんでいてかわいい♥



posted by quicook | 20:58 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロッコリーのアンチョビオイル和え
タイトルそのまんまでアップするほどのものでもないですが、
実際毎日食べてるものってこんなものばかりです。

アンチョビが好きでよく野菜に和えて食べますが
オイルだけがどうしても余ってしまいます。
オイルにもアンチョビの旨味がしっかり出ているので
このオイルもちゃんといただきます。





indredients

・ ブロッコリー 1株
・ アンチョビオイル 大さじ2
・ 塩 適宜
・ 胡椒 適宜


method

ブロッコリーを一口大の房に切って電子レンジで2〜3分火を通す。
アンチョビオイルに塩胡椒をして混ぜておいたところへ
熱いうちにブロッコリーを入れて和える。
器に盛りつけて、胡椒を挽く。



にんにくが好きだったらチューブの摺り下ろしを入れるところですが
私は生のにんにくがちょっと苦手で・・・。
最後にガリガリと挽いた胡椒の香りとアンチョビの香りだけで
十分お酒がすすみます(笑)

アスパラガスでも作りますが、ブロッコリーの花序にオイルが染み込んで
噛むごとにじんわりと味が染み出てくるのが美味しいと思います。
オイルがよく絡むのでアンチョビオイルの塩分と相談しつつ塩は控えめに。


続きを読む >>
posted by quicook | 21:01 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
茄子の揚げ浸し
レンズ豆カレーにのせる茄子とオクラを揚げるついでに
揚げ浸しも作りました。

揚げて、浸す。

それだけ。







indredients

・ 茄子
・ オクラ
☆ めんつゆ
☆ 水
☆ 酢
(☆全体で野菜ひたひたになる量)


method

茄子は乱切り、オクラは2〜3つに斜め切り。
めんつゆを水でお蕎麦のつけつゆ程度に薄め、
好みの量の酢を加える。
揚げた野菜をペーパーで油を切ってから浸していく。



揚げたそばからどんどん浸していきますが
一旦ペーパーにあげたら菜箸で軽くキュッとつまんで油を出します。
スッキリ!で栗原はるみさんがやってました(笑)
今もあのお料理コーナーやってるのかな?
確か毎週金曜日だったような。

茄子とオクラがないと作りませんが、
あれば獅子唐、人参など揚げられるだけ揚げて
浸せるだけ浸します。

昨日は仕事終わりに揚げ物を頑張ったので
今日は油のはねたキッチンのお掃除を頑張ります!



posted by quicook | 22:31 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
私のラタトゥイユ
ベジタリアンでもビーガンでもないけれど、
意識しないと野菜が摂れないという強迫観念からか
気がつくとお肉やお魚の入っていない料理ばかり作っています。
特に夏野菜はおいしいので野菜ばかりに目がいってしまって、
むしろ意識しないとタンパク質が摂れないという・・・(笑)

ラタトゥイユ・・・カポナータ・・・

はっきりとした違いがわからないので、
フランス人が作るとラタトゥイユ。
イタリア人が作るとカポナータ。
ってことにしています。
カポナータのほうが酸っぱい気がするけど、どうなんでしょう?

調べてみると作り方や材料が違うとか諸説ありますが
どちらも家庭料理だし作り方なんてママンやマンマ次第。

私のラタトゥイユには人参がかかせません。
そしてニンニクは使いません。
野菜は大きめにカットしてゴロゴロ。







ingredients

・ 玉ねぎ 1個
・ 人参 1本
・ ズッキーニ 1本
・ 茄子 2本
・ ホールトマト 1缶
・ ハーブソルト 適宜
・ 胡椒 適宜
・ ローリエ 1枚
・ グレープシードオイル 大さじ3


method

玉ねぎはくし切り。
人参、茄子、ズッキーニは乱切り。
茄子は分量外の塩をふって灰汁が出たらペーパーで拭き取る。
ホールトマトはつぶす。

玉ねぎは分量外のオイルをふって電子レンジで透明になるまで火を通す。
人参、ズッキーニ、茄子の順に加え炒めて油をなじませる。
玉ねぎを加え全体に油がまわったらハーブソルトを軽くふる。

塩がなじみ野菜から出た水を飛ばしたら
ホールトマトとローリエを入れて10〜15分煮込み、
胡椒を挽いて、味をみて足りないようならハーブソルトを足す。
火を止めて余熱でじんわり火を通す。



茄子とズッキーニは油と仲良しなので油は多めで
揚げ焼き状態にするのが好きです。

ほぼ忘れたうろ覚えの知識ですが、
グレープシードオイルがオリーブオイルよりも
体だか美容だかにいいとかそんな話をどこかで聞いてから
ずっとグレープシードオイルを使っています。
癖がないのでどんな料理にも使えるところも気に入ってます。
何より安いですし。
(あ、コレステロールがどうとか、だったかも・・・?)
いいんです。
体にいいことしている気分でいることが大事なんです。きっと。

野菜を炒めているときにふる塩は野菜から水を出すためで、
実際の味付けは煮込みが終わった最後にします。
トマト缶のメーカーによって塩が効いていたりいなかったりするので
塩分は様子を見ながらちょっとずつ。
私は冷やして食べるのが好きなので味は濃いめにつけます。

今ハーブソルトはハワイのお土産のものを使っていますが
いつもはクレイジーソルトです。
何に入れても決まるのでズルするには本当に重宝します。

夏野菜が安いうちにもう一度作っておこうかな。



posted by quicook | 23:46 | やさい | comments(1) | trackbacks(0) |
レンズ豆カレー
豆好きです。
今まではひよこ豆で作っていたカレーですが、
たまたま目にした血液型ダイエットの特集で
AB型の太りやすい食材に大好きなひよこ豆が入っていました(泣)
好きだから食べるしダイエットもしてないけど、やっぱりちょっと気になります。
そんなわけで今回はレンズ豆を採用しました。

夏 × カレー × ビール
相性抜群ですね。







indredients

☆ 玉ねぎ 1個
☆ 人参 2本
☆ レンズ豆 1缶
☆ ホールトマト 1缶
☆ 塩 適宜
☆ ローリエ 1枚
・ カレールー 1/2箱
・ 牛乳 1/2カップ


method

玉ねぎ、人参はすり下ろす。
ホールトマトは手でつぶす。

☆を鍋にいれ10〜15分煮込む。
塩加減を調整し、火を止めてカレールーを溶かし蓋をして余熱でなじませる。
食べる前に牛乳を入れてあたためなおす。





レンズ豆とホールトマトはKALDIで売っている↑この缶を使いました。
KALDIって1日中いれますね。
このレンズ豆缶には結構な水が入っていて、
水分ごと、まるごと使いました。

玉ねぎをすり下ろすときはサングラスとマスクをして
完全に怪しい人です(笑)

カレーを作っておいてなんですが、
辛いものは好きだけど食べれません。
辛いものを食べると火傷したように口の中がしびれて
味がわからなくなってしまいます。
体質に合わないのかな。。。
あたためなおす時に牛乳を入れるのも
こくを出したいというよりは辛さ対策です。

今回のルーはジャワカレー中辛。
前回ひよこ豆カレーで初めて使ったときにかなり辛かったので
人参を2本にしました。

ジャワカレーはぴりっと刺すような爽やかな刺激のあるルーでした。
大人っぽいって感じかな。
中辛のルーで辛さを抑えるのが私のカレーです。





最近はこんな風に箱を半分に折って残りを保存しやすくなってるんですね。
前からそうだったのかな?気がついてなかっただけかも。
賞味期限が箱に書いてあるので箱が小さくなるのは助かります。
あ、でも中のルーのシール蓋に賞味期限が書いてあれば箱もいらない?



続きを読む >>
posted by quicook | 20:46 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |
トマトの中華マリネ
ズッキーニのフリッタータと一緒に盛ったトマトです。
フリッタータに合わせてイタリア風のマリネだとよかったんだけど、
作り置きしてあったのが中華マリネでした。
そんなちぐはぐな和洋折衷が家ご飯らしいかな〜なんて(汗)







私の中華マリネはとってもずるいです。
ポン酢とごま油と粉末昆布茶でマリネ液を作って浸すだけ。
中華もなにも、ごま油が入っているだけなんですけどね。。。
でも今回の中華マリネはさらにずるいです。

皮を剥いたトマトを一口大に切ってヱスビー食品の
「のせタレ!ラー油おろし」で和えて冷やしておく。
だけ。

マリネじゃなくて和え物なのかな。
和えてすぐに食べるよりは少しおいて味をなじませたいのでやっぱりマリネ、かしら。

「のせタレ!」シリーズは「ラー油ごま」に最初にはまって
毎日のように冷や奴にのせて食べていました。
次は「イタリアンラー油」を買ってみようかな。



続きを読む >>
posted by quicook | 00:43 | やさい | comments(0) | trackbacks(0) |